1. 「英検2020 1 day S-CBT」 累計受験者数 6万人突破のお知らせ

「英検2020 1 day S-CBT」 累計受験者数 6万人突破のお知らせ

「英検2020 1 day S-CBT」 累計受験者数 6万人突破のお知らせ
~受験者の皆様からは、1日で4技能受験可能が魅力、9割がまた受験したい、といった声~

2020年7月20日
株式会社 EduLab

株式会社EduLab(エデュラボ、東京都渋谷区、代表取締役社長:髙村 淳一、以下「EduLab」)グループの株式会社教育測定研究所は、CBT(※1)テストの公平・公正な実施を可能とするテストセンターを全国に設置し、2020年6月より運営を開始しております。このテストセンターをご利用いただいている公益財団法人 日本英語検定協会(以下「英検協会」)より、「英検 2020 1 day S-CBT」(以下「英検S-CBT」)の、6月から7月にかけての累計受験者数が6万人を突破(※2)したことが、2020年7月14日付けで発表されましたので、お知らせいたします。

 

(参考)英検協会によるプレスリリース(2020年7月14日付け)
https://www.eiken.or.jp/s-cbt/info/2020/pdf/20200714_info_scbt.pdf

 

※1 CBT(Computer Based Testing):コンピュータ上で実施する各種試験の形態。試験に関わる一連の作業の自動化を実現
※2 7月12日時点で63,190人 

 

英検S-CBTは、「大学入試英語成績提供システム」の導入を契機に、当初は大学入試を控える高校3年生(浪人生含む)の受験者を対象に、今年4月から、原則、毎週土・日に全国のテストセンターで実施させていただくことで準備を進めておりました。その後、昨年11月、同システムが延期されたことを受け、対象受験者を、大学入試を控える受験者に限定せず、生涯学習として英語を学習しておられる皆様にも広げ、どなたでも受験ができる新しい形での英検としてスタートすることとなりました。

 

しかしながら、3月末頃からの新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、4月、5月の実施は延期(振替)し、改めて6月6日から原則として毎週土・日に実施(※)を開始しており、このたび7月までに累計受験者数は6万人を突破いたしました。
※ 英検S-CBTは一部のエリアにおいては平日・祝日にも試験日を設けております。

 

英検S-CBTは、従来型の英検と実施方式の違い(※)はありますが、問題形式や難易度、級認定、合格証明書発行、英検CSEスコア取得等はすべて同じで、さらには1日で4技能を測定できます。
※ リーディングテスト、リスニングテスト、ライティングテストは解答用紙にマークまたは記述する方式

 スピーキングテストはヘッドセットを装着し解答を録音する吹込み式

 

また、7月11日(土)には、新宿会場の受験者に対して英検協会によるアンケートが実施され、うち170名の回答が得られたため、別紙にて、その回答結果も併せてご報告させていただきます。

 

EduLabグループは、全国に設置するテストセンターをご活用いただき、1日で4技能全てを受験いただける英検S-CBTをまずは全国規模で、原則、毎週土・日(一部エリアでは平日・祝日も)実施することにより、英検級の取得を必要とされる英語学習者の皆さまに快適かつ公平・公正な受験機会を提供できるよう、引き続き尽力してまいります。

◆株式会社EduLabについて

EdTech(教育×テクノロジー)分野における新事業の開発・投資、教育ITソリューション・プラットフォームの提供、次世代教育の支援、スクールマネジメントなど、最新のラーニングサイエンスをベースに次世代の教育ソリューションを実現します。東京、シアトル、ボストン、ニューヨーク、アイルランド、シンガポール、香港、北京、上海、プネ等を拠点として展開しています。

【別紙】

英検S-CBT受験者アンケート 回答結果

 

アンケート概要
実施日:7月11日(土)対象者:新宿会場の受験予定者187人 有効回答数:170人

 

受験後の感想:9割の方が概ね「満足」、「また受験したい」との声
受験された方の感想は、91%の方が概ね「満足」をされており、今後も受験を希望する方も90%を占めている。

 

英検S-CBTを受験した感想をお聞かせください。

 

今後も英検S-CBTを受験したいと思いますか。(最も近いもの1つを選択)

 

受験の目的:大学や高校等の入試活用のため
受験のきっかけは、大学や高校等の入試活用のためとする方が多い。(88%)

 

今回英検S-CBTを受験しようと思ったきっかけは何ですか。(最も近いもの1つを選択)

 

申込時にメリットに感じること:1日で4技能受験、 試験日・会場を選択できる等の利便性
1日4技能受験・4技能スコア取得可能(33%)、試験日の選択が可能(28%)、会場の選択が可能(17%)、他の英検と合わせ受験機会が増える(14%)といった受験に際しての利便性をメリットに感じる方が多い。

 

申込の際、どのような点にメリットを感じましたか。(複数選択可)

 

実施方式への対応
「英検S-CBT」の実施方式の特徴である、Speaking(吹き込み式)とWriting(手書き式)について、それぞれ7割程度の方が概ね対応できていることが伺えた。

 

スピーキング試験(ヘッドセットで問題を聞きマイクに回答を吹き込む)はどう感じましたか。

 

ライティング試験(解答を手書きする方式)はどう感じましたか。


本件に関するお問い合わせ

株式会社 EduLab
広報部: 丹羽(にわ)

Tel: 03-6625-7709
Email: pr@edulab-inc.com

  1. 「英検2020 1 day S-CBT」 累計受験者数 6万人突破のお知らせ