1. AIを活用した手書き文字データ化サービス「DEEP READ」全面リニューアル

AIを活用した手書き文字データ化サービス「DEEP READ」全面リニューアル

AIを活用した手書き文字データ化サービス「DEEP READ」全面リニューアル
~ご利用者様のご意見をもとにデザインや機能を刷新、性能と使いやすさが大幅に向上~

2019年4月3日
株式会社 EduLab

教育サービス事業およびAI事業を展開する株式会社EduLab(エデュラボ、東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:髙村 淳一、以下「EduLab」)グループはこのたび、AIを活用した手書き文字データ化サービス「DEEP READ」を全面リニューアルいたしました。

 

「DEEP READ」は、近年の業務効率化に向けたニーズの拡大、またデータベースの有効活用の観点から、年々拡大する紙データのデジタル化需要に対し、AI(人工知能)を活用した文字認識技術に基づく手書き文字データ化サービスを提供しています。顧客データや各種申込書等、膨大なデータを紙で管理している企業・団体は多数存在しますが、手書き文字のデータ化においては人力による打ち込み(パンチ入力)が一般的でした。そのため、多くの企業・団体においては、膨大な時間的・費用的コストがかけられています。「DEEP READ」は、従来型のOCR技術とは異なり、ディープラーニングに基づくAI(人工知能)を活用した文字認識技術により、認識精度についても業界トップレベルとなる9割以上の精度を達成しています。

 

リリース以降多くのお問い合わせをいただく中、より多様なご利用者様や利用シーンに対応するため、ご利用者様のご意見をもとに本サービスを全面リニューアルいたしました。今回のリニューアルでデザインや機能を刷新したことにより、性能と使いやすさが大幅に向上し、ますますご利用いただきやすくなりました。今後もご利用者様への最適なサービス提供を目指し、性能向上や新機能の開発に努めて参ります。

「DEEP READ」リニューアルに伴う主な変更点

1. 性能向上したNEWエンジン搭載

通常の一般データの読取精度の向上に加え、以下の機能を追加しました。

  • 文字一般や数字に対応した「一般」モデルだけでなく、「カタカナ」、「英文」、「数字」、「小数」、「メールアドレス」、「チェックボックス」、「丸囲み(β版)」、「数式(β版)」)の多様な読み取り文字の種類に特化した読み取りが可能に
  • 固定長の文字列の読み取りに対し、1文字ずつ読み取り文字種類を設定することで読み取り対象となる文字列の読み取り精度の向上
  • 1行の読み取りだけでなく、複数行にわたる文字列読み取り機能の追加(一部モデル)
  • 読み取りエリアの中にある、読み取り不要の個所を読み取り対象外とする「削除領域」機能の追加
  • 住所の読み取りに対して、読み取った市区町村の名称からシステムに登録のある都道府県名を補完する「住所補完」機能の追加
  • 画像データに止むを得ずに残る裏面の文字などを除去して、読み取り対象を明確にする「透かし除去」機能の追加

2. ユーザビリティの大幅改善

  • シンプルで親しみやすく、ポップアップ表示などを用いて直観的に操作方法が理解できるデザインに変更
  • これまでのフォームに対するテンプレートの設定を廃止し、設定した複数のテンプレートをまとめて管理できるように「フォルダ」の追加
  • ボタンによる操作だけでなく、テンプレートのドラッグ&ドロップに対応
  • 詳細に読み取りエリアを設定するために、テンプレート設定画面の拡大・縮小が可能に
  • 読み取りエリアのコピー機能によるテンプレート設定の迅速性を追求
  • シンプルな一覧表示と検索項目・表示順の設定の充実により、ご利用者様の多様な利用方法に対応
  • 認識結果の確認・承認画面におけるキーボードでのスピーディな操作に対応

3. サポート機能の拡充

  • 読み取り対象画像にある多少の傾きを補正して読み取る機能の追加
  • 読み取り画像データに対し、多様なファイル形式(JEPG、PNG、Tiff、PDF及びこれらの形式を複数圧縮したzipファイル)に対応
  • 読み取り結果出力ファイルに対し、ヘッダや読み取りの信頼度を出力する機能の追加
  • 設定したフォーマットに従って、複数のフォーマットが混在する画像データを振り分けるツールを新たに提供開始

■利便性向上

サービス利用画面イメージ

 

 

読み込むまでの流れの説明

読み取り実施までの流れをシンプルに

 

 

テンプレート一覧ページ

フォルダを作成することでテンプレートの管理が簡単に

 

 

帳票からテンプレートを設定作成

固定長の文字列に対して、読み取る文字種類を1文字ずつ設定することが可能に

 

 

オススメのショートカット

ショートカットキーで操作性向上

 

 

読み取りデータを確認

読取データをワークフローに沿って確認・承認する機能を追加

 

■サポート機能「帳票分類ツール」で更に便利に!

「帳票分類ツール」と「DEEP READ」の利用図

設定されたフォーマットに基づいて帳票を物理的に分類し読み込み

 

「DEEP READ」とは

DEEP READはディープラーニングに基づくAI(人工知能)を活用した、手書き文字のデジタル化サービスです。業務効率化やデータベースの有効活用といった観点から、紙データのデジタル化に対する需要は年々拡大している一方で、従来型の「OCR(光学的文字認識)」技術では、活字についてはデジタル化できるものの、手書き文字の認識精度は低いという課題がありました。DEEP READは研究開発を経て、業界トップレベルとなる9割以上の精度で手書き文字のデジタル化を可能にし、金融業界などの企業や医療機関、学校法人などに幅広くご活用いただいています。

株式会社 EduLabについて

株式会社EduLabは、EdTech分野における新事業の開発・投資、教育ITソリューション・プラットフォームの提供、次世代教育の支援、スクールマネジメントなど、最新のラーニングサイエンスをベースに次世代の教育ソリューションを実現します。東京、シアトル、シンガポール、香港、北京、上海、バンガロール、プネを拠点として展開しています。


本件に関するお問い合わせ

株式会社 EduLab
広報部: 丹羽(にわ)

Tel: 03-6844-0228
Email: pr@edulab-inc.com

  1. AIを活用した手書き文字データ化サービス「DEEP READ」全面リニューアル